注意書き:このブログは個人の備忘録用であり、記述内容が正しいとは限りません。むしろ何かしらの間違いが存在する可能性が高いです。本ブログを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。

6199 セラク

===2022年10月31日===

 

IT人材派遣の会社。特徴的な点としては、未経験者も採用して教育して派遣にあてているという点。したがって比較的低スキルでも対応可能な安価なデジタル案件に強みがあると理解しています。

細かいことは以下の動画にたいてい書いてあります。

www.youtube.com

 

基本的にはエンジニアの数に応じて売り上げが上がる構造になっている一方、FY2022は急激にエンジニアを採用したので教育費の分利益は下振れた傾向。エンジニアの稼働率はかなり良さそうに見えますが、利益考えずに案件に突っ込むだけならこれぐらいは達成できるのかもしれません。

 

明確には書いていないのですが、DXセグメントが伸びていることやプレゼン資料の感じからSalesforceとAzureの資格を取得してここで活躍する人材を増やすことが重要そうです。一方で2021年8月期の決算説明資料ではAzureのことを積極的に記載していたのですが、22年8月期は記載が薄くなっているのは気になります。

 

中期経営計画としては27年8月期に売上高500億円で、これを達成するためには毎年23%ぐらい売り上げを伸ばす必要があります。

 

おそらく最大のリスクは離職率の高さで、具体的な値はわからないですが、有価証券報告書の記載を見る限りかなり高そうではあります。せっかく人を育てても辞めてしまってはそのコストに見合わないことになるのでここをいかにコントロールできるかでしょう。やはり根本は給与であり、今後ここを上げていかないと対応できないかもしれません。現在のような利益率を維持できるのかは?

 

 

2023年8月期の業績予想としては会社の予想どおり売上高20,700百万円 経常利益1,600百万円、純利益1,040百万円(EPS74.7円)でいいのかなと。昨年度の積極採用の効果が出てきてもうちょっと伸びてもいいのでは?という気もしますが…

PERはざっくり25倍で。実際中期経営計画を達成できるのならばこれぐらいのPERも十分あり得る範囲だと思います。